学級経営駆け込み寺

学級経営にお困りの人 困っていないけどより向上したい人 参考にしていただけたら嬉しいです

ゲーム依存予備軍の子供たちへの指導は(家庭編)

ゲーム依存予備軍の子供たちへの指導

以前に,学校からの指導については


書き留めていたのですが,やはり指導の主体は家庭にあります。
ゲーム依存にならないために,家庭ではどのような配慮をしたらいいのでしょうか?

 

まず 一番有効な方法です

 

ゲーム機を買わない

これが一番です。
どんなに子供が欲しがっても買わない。
「友達がいなくなる」
などの脅迫には屈しない
「ゲームがないと付き合ってくれない友達ならいりません!」
などとこたえる。


(数パーセントですが,ゲーム機を買わないご家庭もいます。友達も普通にいます。)


これで解決!


とはいかないですよね。

 

お困りのご家庭のほとんどが,すでにゲーム機は購入済みのはずです。
おそらく,数種類。
ゲーム機以外にも,タブレットのゲームアプリもあることでしょう。

子供たちの身近にゲーム機及びタブレット等があればあるほど,依存症への道は近づきます。
さて,対策を考えてみます。


1 ゲーム依存症の恐ろしさについてお子さんに語りましょう。
ここは,一番重要なところです。親が真剣に話せば,子供は聞いてくれます。
必要に応じて,資料や動画などを見せるのも効果的です。

2 親の「ゲーム依存症にはなって欲しくない」という願いを語りましょう。
なってしまったら,学習面や生活面に支障をきたすこと。医療機関にかかる必要がでること。
などを,語ってあげてください。

3 〇〇家のルール作りをしましょう。
子供たちと相談しながら決めていいと思います。
現状を見ながら,守れる範囲で作りましょう。

(例)
平日は1時間以内
休日は2時間以内
新しいゲームやアプリは半年に一回
課金はしない

こんな感じでしょうか?

4 守れなかった場合の罰則も確認しましょう。
(例)
一か月親にゲームを預ける。

5 最後に,〇〇家のルールと,守れなかった場合の罰則を手書きで記入して,署名とサインをして壁面等に貼り付けます。


なんか大げさかもしれませんが,お子さんのためです。
順調にいけば,これ以降のゲーム時間は伸びません。
ゲームができない分,子供たちは別の楽しみを見つけるチャンスを得ると思います。

ゲーム依存症は,親に責任がある場合が多いです。
さいころから,動画を見続けるのを許したり,親が忙しいからと早めにゲームを与えたり。長時間やっても軽い注意しか与えなかったりです。

※言い忘れましたが,親がゲーム依存症の場合は大変始末が悪いです。
親がのめりこんでいるのに,子供に規制はかけられません。
依存症なら,親自身が早めに医療機関に行きましょう。子供のためにお願いします。

 

親と違って子供は軽症の場合が多いです。
早めに対処することによって,重症化を防ぎます。


ぜひ,取り組んでみてください。

ではまた!

 

 

f:id:rengoku2021:20210515074831j:plain

 

人気ブログランキングへ